Select regional site

【Tripwire 】ホーム製品情報Tripwire PureCloud

Tripwire PureCloud

ハードウェア、ソフトウェアの導入・管理が不要で、内部および外部ネットワークの自動スキャンが可能なネットワーク・セキュリティ・スキャニングサービス。

クラウドベースの脆弱性スキャンをあらゆる規模の企業に

Tripwire® PureCloud の脆弱性スキャンは、リモートからの管理が可能で、オンサイトのリソースを必要としないため、リモート環境やブランチオフィスでの使用に理想的なソリューションです。低干渉型でのリモートスキャンが可能で、企業ネットワーク内部および境界での脆弱性スキャンを必要とするコンプライアンス追求型の環境に最適です。また、スキャン結果をオンラインで確認できるほか、CSV 形式でデータをエクスポートして既存のレポートツールに取り込むことも可能です。

リスクベースのセキュリティインテリジェンスソリューション

  • 図:Tripwire PureCloudはコスト効率に優れ使い勝手の良いクラウドベースのスキャンソリューションです。ハードウェアや複雑なソフトの導入の必要なく、企業ネットワーク内部およびネットワーク境界のスキャンを実現します。

TRIPWIRE PURECLOUDの特長

Tripwire PureCloud は、従来型の脆弱性スキャン製品および脆弱性診断サービスとは異なり、ソフトウェアやハードウェアの導入・管理を必要としません。 また、ファイアウォールの変更も不要です。ネットワーク上の目の届きにくい領域の脆弱性検出・診断を可能にする、導入が容易でコスト効率に優れたソリューションです。
Tripwire PureCloud は、次のような機能を持ち、あらゆる組織にとって理想的なソリューションを提供します。

  • ネットワーク境界のスキャン
  • ブランチオフィスやリモートオフィスのスキャン
  • 合併・買収に伴うリスク査定
  • サードパーティー製品の安全性確保

エンタープライズ向けの機能

ネットワーク境界のスキャン

外部の攻撃者に対して無防備な状態にあるシステムや脆弱性を検出することによって、組織の攻撃対象領域における脆弱性リスクを特定します。また、外部ネットワークの脆弱性スキャン機能は、PCI DSS 要件 11.2などの監査の準備に役立ちます。

ブランチオフィスやリモートオフィスのスキャン

VPN 経由でのスキャンが困難なリモートロケーションのスキャンに最適なソリューションです。ソフトウェア Secure Connector による簡単設定が可能で、Tripwire PureCloudサービス経由でリモート管理できるため、新規ロケーションへの素早い導入が実現できます。このような利点から、内部脆弱性スキャンが必要な小売環境にも最適なソリューションといえるでしょう。

合併・買収に伴うリスク査定

多くの企業は、合併・買収の対象となる企業の全体的な技術環境を、その組織のネットワーク上で検知される脆弱性レベルで測ります。低コストながらも導入が容易で、強力なスキャン機能を持つ Tripwire PureCloudは、合併・買収に伴うリスク査定を行う際の特別な選択肢となります。

サードパーティー製品の安全性を確保

アウトソーサーなどの第三者によるサービスの利用機会が増えるなか、それらのサービスから得られる効率性と柔軟性に伴い、リスクもまた増大しています。Tripwire PureCloudは、ビジネスパートナーのセキュリティ状態を評価し、あなたの会社の知的財産、データ、サービスを扱う幅広い環境を把握するお手伝いをします。低コストかつ導入が容易で、あなたのビジネスにとって重要な情報を担う第三者環境のセキュリティの状態を評価し、継続的に監視する上で最適なソリューションです。

Tripwire PureCloud がもたらす安全と安心

Tripwire PureCloudは、世界の大規模企業や政府機関のネットワークおよび脆弱性データベースの保護において市場をリードする、当社のエンタープライズクラスのスキャンテクノロジーをベースに構築されています。

Tripwire PureCloud のすべての接続を安全に

Tripwire PureCloud への接続には、金融機関への接続と同様に、SSL 3.0/TLS 1.0 およびベリサイン社の証明書が使用され、信頼に値する実績のあるセキュリティ対策が取られています。

ユーザーに意識させないプロテクション

複雑なハードウェアやソフトウェアの導入・管理が不要で、管理やセキュリティに手を煩わせることがありません。第三者機関のセキュリティエキスパートによる監査とコード検証を受けており、悪意を持つ者にサービスが利用されたり、顧客情報が流出することを防ぐ仕組みが確保されています。

その他のセキュリティ対策

  • ユーザーがスキャンの対象の制御権を持つ
  • 24時間体制でアプリケーションの監視を行うTripwire のセキュリティオペレーションチームが限定的なアクセス権を持つ
  • SOC2監査に合格済み

エンドツーエンドの脆弱性データ暗号化

Tripwire PureCloud は、脆弱性スキャンの結果データを強力な暗号化を用いて保護します。お客様のブラウザーから TripwirePureCloud へのスキャンは、金融機関で使用されるレベルの暗号化(SSL 3.0/TLS 1.0)で保護されます。強力な AES 暗号化を使用して、送受信されるスキャン情報を守ります。
詳細な脆弱性スキャンの実行中に、ログイン情報を入力してシステムへのログインを行う際、お客様のユーザー名とパスワードは、Tripwire PureCloud サービス内ではなく、お客様のローカルシステム上にあるTripwire PureCloud Secure Connector内の暗号化されたデータベースに保存されます。

Tripwire PureCloud for PCI

Tripwire PureCloud for PCIは、日本カード情報セキュリティ協議会のサイトにも掲載されている Approved Scanning Vendors :認定スキャンベンダーとして、皆様のPCIコンプライアンスをサポートします。

関連製品

TRIPWIRE PURECLOUDデータシート
ご購入または
技術的なご相談
お問い合わせ
販売パートナー
購入後の技術的なお問い合わせは販売代理店のサポート窓口にご連絡ください。
メールマガジン

製品に関する情報や、ホワイトペーパーの
ご案内などをお送りいたします。

今すぐ登録

変更検知のデファクトスタンダードTripwire

Tripwire社の製品は、現在Fortune 500社の50%以上を含む、9,000社以上のお客様にご利用いただいております。
脆弱性管理ソリューションも新たに追加し、お客様のセキュリティ・リスク管理、コンプライアンスの実現をサポートします。