Select regional site

【Tripwire 】ホーム製品情報Tripwire Enterprise【機能詳細】容易な管理監視対象の豊富さ

監視対象の豊富さ

Tripwire Enterpriseは、オープンシステムを構成する多様なデバイスの変更を可視化します。

  • ファイルシステム (Tripwire Enterprise / FS)
    ファイルシステム上のディレクトリ、ファイル、レジストリなど、すべてのファイルを監視対象に置くことができます。オペレーティングシステム、アプリケーション、Webコンテンツなどの監視に用います。
  • ネットワーク機器 (Tripwire Enterprise / ND)
    ネットワークスイッチ、ルータ、ファイアウォールなど、ネットワーク機器の構成情報の変更を監視します。Webシステムや PCI DSSなどでは、特に重要な監視対象になります。また、ネットワーク機器に限り、Tripwire Enterprise が取得した構成情報をリストアする機能があります。
  • データベース (Tripwire Enterprise / DB)
    データベースの構成情報(ユーザ権限、テーブル、ビュー、ストアドプロシージャなど)の変更を主に監視します。任意のSQL文の戻り値を対象として、変更を監視することもできます。
  • ディレクトリサービス (Tripwire Enterprise / DS)
    Active Directoryのスキーマ、パスワード設定、ユーザ権限、ネットワークリソース、グループアップデートおよびセキュリティポリシーなどのオブジェクトや属性の変更を監視します。
  • ハイパーバイザ (Tripwire Enterprise / VE)
    VMware ESXサーバが持つ600におよぶパラメータの変更を監視します。システムの仮想化が進む中で、重要度を増す監視対象です。

関連製品

TRIPWIRE ENTERPRISEデータシート
ご購入または
技術的なご相談
お問い合わせ
販売パートナー
購入後の技術的なお問い合わせは販売代理店のサポート窓口にご連絡ください。
メールマガジン

製品に関する情報や、ホワイトペーパーの
ご案内などをお送りいたします。

今すぐ登録

変更検知のデファクトスタンダードTripwire

Tripwire社の製品は、現在Fortune 500社の50%以上を含む、9,000社以上のお客様にご利用いただいております。
脆弱性管理ソリューションも新たに追加し、お客様のセキュリティ・リスク管理、コンプライアンスの実現をサポートします。