Select regional site

【Tripwire 】ホーム製品情報Tripwire Enterprise【機能詳細】変更監査(整合性マネージャ)履歴の蓄積

履歴の蓄積

検知された変更が承認された変更の場合は、プロモートを行い、新しいベースラインが作成されます。このサイクルを回して行くことが変更のコントロールであり、Tripwire Enterpriseのバックエンド・データベースには、履歴が蓄積されていきます。

変更の履歴は、J-SOXのIT全般統制や、PCI DSSなどのコンプライアンス案件において、変更管理が正しく運用されていたことを証明する監査証跡になります。また、変更管理をより良いものにするための、参照/分析の対象にもなるでしょう。

関連製品

TRIPWIRE ENTERPRISEデータシート
ご購入または
技術的なご相談
お問い合わせ
販売パートナー
購入後の技術的なお問い合わせは販売代理店のサポート窓口にご連絡ください。
メールマガジン

製品に関する情報や、ホワイトペーパーの
ご案内などをお送りいたします。

今すぐ登録

変更検知のデファクトスタンダードTripwire

Tripwire社の製品は、現在Fortune 500社の50%以上を含む、9,000社以上のお客様にご利用いただいております。
脆弱性管理ソリューションも新たに追加し、お客様のセキュリティ・リスク管理、コンプライアンスの実現をサポートします。