Select regional site

【Tripwire 】ホーム製品情報Tripwire Enterprise【機能詳細】変更監査(整合性マネージャ)変更の検知

変更の検知

システムに行われた変更をどのように検知するのか。Tripwire Enterpriseは、2つのスナップショットを比較することにより、変更を検知します。

スナップショットとは、監視対象のファイルの属性の集まりです。正しい状態(承認された状態)のスナップショットをベースラインと呼びます。変更の検知は、必ず、ベースラインとの比較で取得します。

  • ※ サイズ、日時、ハッシュ値など、監視属性は設定で変更することができます

変更は更に、「変更」、「追加」、「削除」に分かれます。

  • 変更 ~ ベースラインとの間に、監視属性の値の差異が認められた状態です。
  • 追加 ~ ベースラインがない、新しく作成された状態です。
  • 削除 ~ スナップショットを取得できなかった、削除された状態です。

関連製品

TRIPWIRE ENTERPRISEデータシート
ご購入または
技術的なご相談
お問い合わせ
販売パートナー
購入後の技術的なお問い合わせは販売代理店のサポート窓口にご連絡ください。
メールマガジン

製品に関する情報や、ホワイトペーパーの
ご案内などをお送りいたします。

今すぐ登録

変更検知のデファクトスタンダードTripwire

Tripwire社の製品は、現在Fortune 500社の50%以上を含む、9,000社以上のお客様にご利用いただいております。
脆弱性管理ソリューションも新たに追加し、お客様のセキュリティ・リスク管理、コンプライアンスの実現をサポートします。