Select regional site

【Tripwire 】ホーム製品情報Tripwire Enterprise【機能詳細】コンフィグレーション・アセスメント(ポリシーマネージャ)

【機能詳細】コンフィグレーション・アセスメント(ポリシーマネージャ)

コンフィグレーション・アセスメント(ポリシーマネージャ)

コンフィグレーション・アセスメントは、コンフィグレーションの正しさを評価します。コンフィグレーションの正しさとは、守るべき設定値として定義されたセキュリティポリシーに沿っているかということであり、システムのセキュリティ(機密性、可用性)にとって、核とも言うべき部分です。不正なパラメータが指定されることにより、業務アプリケーションに不具合が生じることがあります。OSがダウンしてしまうこともあり得ます。あるいは、権限のないユーザのファイルアクセスや、外部からの侵入を許してしまうかもしれません。

Tripwire Enterpriseのコンフィグレーション・アセスメントは、システムのコンフィグレーションの正しさを評価するだけでなく、不断の可視化により、セキュリティレベルを守ります。

コンフィグレーション・アセスメントの流れは以下のようなものです。

  1. ポリシー作成
  2. ポリシーテスト
  3. ポリシーテストの結果 (セキュリティレベルの可視化)
  4. テスト失敗の項目への対処方法の検討
  5. テスト失敗の項目への対処

2から5 をサイクルとして回していくことにより、セキュリティを可視化し、セキュリティのレベルを維持することができます。失敗項目への対処を迅速に行うための機能として、レメディエーション(修復)機能も有しています。

関連製品

TRIPWIRE ENTERPRISEデータシート
ご購入または
技術的なご相談
お問い合わせ
販売パートナー
購入後の技術的なお問い合わせは販売代理店のサポート窓口にご連絡ください。
メールマガジン

製品に関する情報や、ホワイトペーパーの
ご案内などをお送りいたします。

今すぐ登録

変更検知のデファクトスタンダードTripwire

Tripwire社の製品は、現在Fortune 500社の50%以上を含む、9,000社以上のお客様にご利用いただいております。
脆弱性管理ソリューションも新たに追加し、お客様のセキュリティ・リスク管理、コンプライアンスの実現をサポートします。