Select regional site

【Tripwire 】ホーム製品情報Tripwire IP360

Tripwire IP360

ネットワークのリスクの包括的なビューを提供するエンタープライズクラスの脆弱性・リスク管理ソリューション。

エンタープライズクラスの脆弱性およびリスク管理

グローバル企業における包括的な IT リスク管理にとって、ネットワーク上のセキュリティリスクを把握することは不可欠です。しかしながら、頻繁に変更が加えられる企業ネットワーク、常に変化し続ける脅威の環境、そして社内規定や法規制遵守への関心の高まりといった要因により、セキュリティリスクの把握はますます困難になっています。これらの課題を解決するのが、市場を率いる脆弱性・セキュリティリスク管理システム、Tripwire® IP360TMです。Tripwire IP360 は、企業ネットワークのセキュリティリスクの評価と管理をコスト効率良く実現します。

本システムは、すべてのネットワーク内のデバイスと、それらに関連するオペレーティングシステム、アプリケーションおよび脆弱性を含む企業ネットワークを包括的に可視化します。そのため、効果的なセキュリティリスク管理の基盤として最適です。
業界トップクラスの Vulnerability andExposure Research Team(VERT)と呼ばれる Tripwire の脆弱性調査チームが、大規模な企業向けに最新、正確、かつお客様環境に副作用をもたらさないよう脆弱性情報を作成して Tripwire IP360 を最新の状態に保ちます。
Tripwire IP360 では、高度な分析機能と、独自の定量的なスコアリングアルゴリズムが採用されています。このアルゴリズムは、脆弱性スコアとビジネスに応じた資産価値などの要素をベースに脆弱性対策の優先順位付けを行います。IT セキュリティチームは、その結果得られた実用的なデータを活用して、最小限のリソースでネットワーク全体のリスクを迅速かつ効果的に低減するためのタスクに集中できるようになります。
Tripwire IP360 のセキュリティリスク管理ソリューションが提供する機能および特長は次の通りです。

TRIPWIRE IP360の特長

  • 包括的なネットワーク資産の検出と正確なプロファイリング
  • 拡張性に優れたアーキテクチャでニーズに合わせた展開が可能
  • 脆弱性診断情報の量と緻密さ
  • ビジネスコンテキスト、資産価値および脆弱性スコアを組み合わせた高度な優先順位評価基準の提供
  • シンプルで分かりやすいライセンス形態。
  • ディスカバリ(ネットワーク資産の検出)には課金せず、脆弱性スキャニング対象IP数にのみ課金。

リスクベースのセキュリティインテリジェンスソリューション

  • 大規模で分散されたネットワークにおいて迅速な導入と容易な管理を可能にする、アプライアンスベースのセキュリティリスク管理システム。

ネットワーク上のすべてを把握

Tripwire IP360 は、ネットワーク内のホスト、アプリケーション、サービス、脆弱性、設定のすべてを検出できます。それを元にネットワークの全体像を把握し、効果的なリスク管理とコンプライアンスプロセスの基盤を築くことができます。低帯域かつ低負担型のホスト・ネットワークプロファイリング機能を提供できるのは、Tripwire IP360 だけです。

インテリジェントな優先順位付け機能

ネットワーク内のホストに関する豊富なデータを収集します。しかし、膨大なデータをリストとして長々と出力するのではなく、脆弱性改善タスクの優先順位付けを行います。これにより、ユーザーは重要なシステム上で最も効果的にリスクを低減できる項目に集中することができます。

セキュリティをビジネスにつなげる

システムの管理、設定、レポートおよびワークフローの作成を行うための使いやすいWeb インターフェイスを提供します。また、既存のセキュリティプロセスに適応するための、緻密なアクセス制御とユーザーロールの割り当てが可能です。ネットワーク上のリスクを詳細、包括的かつ客観的に表示するカスタマイズ可能なレポートは、技術的知識が豊富なセキュリティチームから会社の重役や、監査チームまであらゆる方にご利用いただけます。

さまざまな企業規模に適した導入方法

Tripwire IP360 は、完全オンプレミス型のソリューションであり、セキュリティ対策、容易なインストール、およびグローバルサイズの企業にも対応可能な一元管理を実現するための強力なアプライアンスアーキテクチャを採用しています。アプライアンスは物理アプライアンスだけではなく、仮想アプライアンスをHyper-V、VMwareなどで、またAmazon Machine Image/Amazon EC2でも提供しています。1台または複数の物理/仮想アプライアンスと、ロックダウンによりセキュリティ強化したLinuxベースの独自OSを使用し、また強力な暗号化通信を使用するため、安全でメンテナンスが容易なソリューションです。

手持ちのツールを最大限に活用

Tripwire IP360 は、オープン標準を基盤に構築されています。そのため脆弱性・リスク管理機能を、既存のビジネスプロセスやヘルプデスク、資産管理、SIEM、侵入検知/防御、その他のセキュリティソリューションなどの IT システムに統合することが可能です。
Tripwire IP360 によって収集された包括的なエンドポイント情報は、既存の情報管理ソリューションを増強し、セキュリティエコシステム全体において自動化を推進するために活用できます。

Tripwire Enterpriseとの統合~Adaptive Threat Protection

Tripwire IP360の情報を Tripwire Enterprise と統合すると、ネットワーク資産、脆弱性情報から、脆弱性リスクに基づきホストの変更をモニタリングすることが可能となります。たとえば特定の脆弱性(例:Shellshockなど)を持つホストに対しては、自動的に厳重なコントロールを適用するなど、組織内でサイバー攻撃対象となりそうな部分を包括的に分析、管理することで、サイバー脅威のリスクを大幅に低減することが可能となります。

関連製品

TRIPWIRE IP360データシート
ご購入または
技術的なご相談
お問い合わせ
販売パートナー
購入後の技術的なお問い合わせは販売代理店のサポート窓口にご連絡ください。
メールマガジン

製品に関する情報や、ホワイトペーパーの
ご案内などをお送りいたします。

今すぐ登録

変更検知のデファクトスタンダードTripwire

Tripwire社の製品は、現在Fortune 500社の50%以上を含む、9,000社以上のお客様にご利用いただいております。
脆弱性管理ソリューションも新たに追加し、お客様のセキュリティ・リスク管理、コンプライアンスの実現をサポートします。