Select regional site

【Tripwire 】ホームプレスリリースTripwireによる調査: IT プロフェッショナルの半数が企業規模でのパッチ適用に苦労

Tripwireによる調査: IT プロフェッショナルの半数が企業規模でのパッチ適用に苦労

(本資料は、2016年3⽉8日に⽶Tripwire, Inc.が発表した情報の抄訳です)

米オレゴン州ポートランド – 2016 年 3 月 8 日 – 高度な脅威、セキュリティ、コンプライアンスの主要なグローバルプロバイダであるTripwire, Inc. は本日、Dimensional Research と Tripwire の 脆弱性調査チーム-Vulnerability and Exposure Research Team(VERT)が企業におけるパッチ管理の状況に関して行った広範囲な調査の結果を発表しました。この調査では、パッチ管理に携わる 480 人以上の IT プロフェッショナルの回答から、パッチの量およびインストールの動向を検証しました。

パッチ管理は、企業のITシステムのセキュリティリスクを最小化する上で重要な役割を担っています。 しかし、Tripwire の調査によると、回答者の半数が、パッチの量にチームが苦戦しているか、圧倒されていると答えています。

「パッチと脆弱性の関係は、多くの人が考えているよりもずっと複雑です」と、Tripwire の IT リスク/セキュリティ戦略担当ディレクタであるティム・アーリンは主張します。「特定のプラットフォームで複数の脆弱性を修正するパッチもありますが、そうでないものもあります。パッチとアップグレードを混同することがあるかもしれませんが、それぞれが別の問題に対処する場合も、重複する一連の脆弱性を解決する場合もあります。パッチ管理がさらに複雑化するにつれて、パッチ管理チームがパッチ適用状況を完全に把握し、維持することも難しくなります」

この調査では、以下のような結果も得られました。

  • 回答者の 50% が、クライアント側へのパッチリリースペースに対応不能であると答えています。
  • 回答者の 50% が、パッチ適用と脆弱性の修復の違いを IT チームが理解していないと答えています。
  • 67% が、どのパッチをどのシステムに適用すべきか判断に苦しむことがあると答えています。
  • 回答者の 87% が、Google Chrome アップデートでリリースされる Adobe Flash パッチなどの組み込み製品が、パッチの影響をさらにわかり難くしていると答えています。

「この調査を始めたときには、パッチ疲れの影響は業界のごく一部だと考えていました」と、Tripwire VERT マネージャのタイラー・レグリは言います。「しかし、結果としては、組織の大部分に影響を及ぼしている大きな課題であることが明らかになりました」

調査の詳細な分析、大手ソフトウェアベンダーにおけるセキュリティパッチに関するトレンドデータ、およびパッチ疲れを低減するために組織が取るべき現実的な手順については、以下のホワイトペーパーをご覧ください。
http://www.tripwire.com/register/combating-patch-fatigue-is-it-overwhelmed-to-the-detriment-of-enterprise-security/ .

Tripwire VERT について詳しくは、以下をご覧ください。
http://www.tripwire.com/vert/.

その他の参考資料:

調査結果:Tripwire 2016 Patch Management Study

ブログ:Fully Patched But Still Vulnerable

Tripwireについて

Tripwireは企業、サービスプロバイダ、政府機関を対象とするエンドポイント検知/対応、セキュリティ、コンプライアンス、IT運用ソリュー ショ ンのリーディングプロバイダです。Tripwireのソリューションは、信頼性の高い資産の可視化機能および詳細なエンドポイントインテリジェンスをベー スに、ビジネス・コンテキストを組み合わせ、これらソリューションが一体となってセキュリティ/IT業務を統合、自動化しています。 Tripwireのエンタープライズ・クラス・ソリューションには、コンフィグレーション/ポリシー管理、ファイル整合性監視、脆弱性管理、ログ管理、レ ポート/分析が含まれています。詳細についてはtripwire.com 米Tripwire, Inc.)、tripwire.co.jp (日本)を参照ください。また、セキュリティ関連のニュース、トレンド、および知見についてはtripwire.com/blog(米Tripwire, Inc.)、Twitterで@TripwireInc(米Tripwire, Inc.)、@TripwireJPN(日本)をご覧ください。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ

名称 トリップワイヤ・ジャパン株式会社
担当 マーケティング部
電話番号 03-5206-8610
FAX 03-5206-8613
メールアドレス press@tripwire.co.jp
ご購入または
技術的なご相談
お問い合わせ
販売パートナー
購入後の技術的なお問い合わせは販売代理店のサポート窓口にご連絡ください。
メールマガジン

製品に関する情報や、ホワイトペーパーの
ご案内などをお送りいたします。

今すぐ登録

変更検知のデファクトスタンダードTripwire

Tripwire社の製品は、現在Fortune 500社の50%以上を含む、9,000社以上のお客様にご利用いただいております。
脆弱性管理ソリューションも新たに追加し、お客様のセキュリティ・リスク管理、コンプライアンスの実現をサポートします。